優秀な薬剤師の育成が急務である

薬剤師の求人は多い

優秀な薬剤師の育成が急務である

薬剤師の需要が高まっています。この流れは日本の深刻な高齢化に伴うものとされています。

医師や看護師も人出不足とされています。もちろん病院側も何もしていないわけではありません。

幅広く求人募集をしたり、待遇をよくしたりしています。薬剤師の時間給は2000円以上と高く設定してもなかなか人が確保できないというのが実態です。

むろん、患者の口に入れるものを取り扱うわけですから、容易になれるわけではなく、多くの知識を持たなければいけません。国家資格を必要とします。このハードルの高さも難しさにつながっているとも言われます。

管轄する厚生労働省もこの問題には積極的に取り組んでいますが、解決には至っていないというのが現状です。取り組みの一つには、大学の薬学部の新設があげられます。

学生数の確保を目的としているだけだと一部より厳しい意見も出ていますが、今後の日本の医療全体を考えた場合には、多くの若手を育成しなければいけないということは明白です。